« 五反田谷戸の畔桜 | Main | 八木岡にて »

2017.05.06

ネモフィラ

 4月27日(木)


 ネモフィラの丘に上ってみれば、今あそこに立って見える大半が中国人だと判る。


 「キャリーバッグ2つ分程度じゃないかな」
 昨夜遅くにかかって来たカントク(友人。“監督”という意の愛称)の、小躍りでもしていそうな受話口からの弾んだ声を思い出した。
 「お手軽なんだな、同居を始めるにあたっての手荷物って」
 「そうか?まぁ、必要な物があれば買い足せばいいさ」
 25歳年下の中国人女性とお見合い結婚して1年半経った先日、ようやく在留資格認定(外国人が日本に居住する為に必要な証明書)が下りたという事で、離れて暮らしている中国から早速呼び寄せる手配をしたという。


 「エクスキューズミー?」
 そんな風にネモフィラの丘を見上げているところに、高校生くらいの中国人の女子から声を掛けられた。
 「ウエストゲート…」
 西口ゲートへの道を訊いていると察して、さっき歩いて来た道を指し「あっち」と教えた。
 「サンキュー」
 そう言って、家族らしい元に戻って一緒に歩き出す姿を見送った。

 そういえば、奥さんとのコミュニケーションを図る為に、中国語の勉強を始めた方がいいとアドバイスした事もあったっけ。
 「スマホの翻訳機でやり取りするから、結構」
 と無下に断られたけれど…

 まぁ、老婆心で済んだら、それでいい。

18221634_1323254607763958_8577744_2

« 五反田谷戸の畔桜 | Main | 八木岡にて »

旅行・地域」カテゴリの記事

Comments

心霊釣りクラブさんへ
この夏は『花魁淵』を解禁したらどうですか?

いやいや暑くなってきましたね。霊感が強い私達は霊気をビンビン感じて
います。釣りに行く為には、まだまだ必要な物があるようです。魚を救う為
の、たも。海から海水を救う為の、ひもが付いたバケツのような容器。今は
それらを探しています。フィッシングピアーズでは、毎日釣り上げた魚と釣
った人の顔をホームページに載せている為、僕たちは大物を釣り上げて
有名になってしまうようです。

Post a comment

(Not displayed with comment.)

TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/44234/65244034

Listed below are links to weblogs that reference ネモフィラ:

« 五反田谷戸の畔桜 | Main | 八木岡にて »