« 怖がり倶楽部Ⅱ 【東尋坊】 | Main | ドラクエの田んぼアート »

2016.08.29

ゴンゾーさんとのプチトリップ

 7月20日(水)

AM  8:00 大井町発。曇り。め組(めがね組合)の先輩・ゴンゾー(仮名)さんが、ピカピカに磨(みが)き上げたBMWで登場。今日は富士山を見に行く、中年男2人旅。「オレの経験だと、富士山が見られる確率って15%くらいなんだよね。今日はダメだな」と、会った早々微妙な数字を挙げたうえ何気にダメ出しするので、ココロの中で呪った。

AM  9:00 中央高速道路・談合坂(だんごうざか)SA。遅い朝食にクロワッサンを買う。大月(おおつき)辺りから見える筈の富士山が見えないという事は、ゴンゾーさんの予想通りの一日らしい。笹子(ささご)トンネル近くになってカーステレオから荒井由美の『中央フリーウェイ(中央高速道路の意)』が流れ出して、「調布辺りでかかってたら(歌詞通りなので)最高だったのにな」なんて話で盛り上がる。『一宮御坂(いちのみやみさか)』というインターチェンジの看板が見えてきた頃、「どこで下りるんですか?」と訊くと、「勝沼で下りるんだけど、まだかな」というので、「……さっき過ぎましたけど( ̄◆ ̄;)」というやり取りに、車内が一瞬凍る…

AM 10:30 ほったらかし温泉着。お互い「方向音痴」と言いつつもナビ(カーナビゲーション)様のお蔭で、途中1度迷っただけで、無事到着。まだ午前中だからだろう、来客は驚くほど少ない。ほったらかし温泉の策略に嵌(はま)って、2人揃ってオリジナルのタオルを200円で買う…。標高700mの山頂にあって、何も遮(さえぎ)る物のない真夏の日差しの下の露天風呂は、海水浴で海に浮かんでいるようなもので、しっかりと日焼けした。「長瀞(ながとろ)にかき氷を食べに行こう」と誘ったところ「オレはかき氷嫌い」と断ったゴンゾーさんはアイスクリームなら大好きとかで、風呂上りにマンゴーアイスを美味そうに頬張っていた…

AM 11:50 ほったらかし温泉発。富士山と河口湖を見下ろせるスポット新道峠(しんどうとおげ)へ向かう案もあったが、遠そうだし腹も減ってきた事で、河口湖へ下る事にした。温泉を出発してすぐに『横溝正史(よこみぞせいし)館』というのを発見し2人して心躍(おど)らせ駆け寄ったが、この日は閉館日だった。ガッカリ…

PM 13:00 もみじ亭。河口湖近くのご飯屋さん。肉食系のオレだけに“牛肉ほうとう”を勧められたが、実はグルメのゴンゾーさんのマネをして、“カボチャほうとう”を注文してみた。奢(おご)って貰った“ワカサギのフライ”と合わせて美味だった。

PM 14:00 河口湖・大石(おおいし)公園。河口湖の夏の絶景スポットとして有名なラベンダーは見頃を過ぎて、代わりに新緑のコキアが可愛く整列していた。

PM 15:00
 西湖(さいこ)。観光スポットが多く点在する河口湖に比べて、富士五湖の中で最も観光化が進んでいない西湖は静か。曇天な空模様も相まって、神秘的な佇(たたず)まいでいた。お互いにそんな雰囲気を好むようで、しばらく見ていた。
14079636_1082938918462196_655657003

PM 15:25 精進湖(しょうじこ)。いつしか富士五湖全てを制覇する気になっていた。精進湖の外周に開店間近のファミレスを見つけ、ふたりして「この場所でやっていけるのだろうか?」と余計な心配をする。

PM 15:50 本栖湖(もとすこ)。“もぐらん”という名の潜水艦の外観をした遊覧船を見つけて、「アレは潜るのか?」「潜らないのか?」としばし2人で意見を交わしたけれど、名前が“もぐらん”だけに「潜(もぐ)らないんだろうな」という結論に達した。

PM 16:50 忍野八海(おしのはっかい)。おびただしい数の中国人観光客で溢(あふ)れた施設内は、以前の様子を知るオレにとっては異様な光景だった。可笑しな道案内で、車を駐車場へ入れる為に、そんな人混みを車で割って入って進まねばならず、手に汗握った瞬間。

PM 17:40 山中湖。晩御飯を食べる店が開くまでの時間潰しも兼ねて、プラプラする。忍野八海での緊張から、湖畔のベンチでひとり黄昏(たそがれ)るゴンゾーさんの姿があった…

PM 18:30 御殿場『かつ榮(えい)』。ゴンゾーさんオススメのお店。注文したのは、サクサクした衣(ころも)が美味なトンカツ。ただ、偏頭痛(へんずつう)が酷(ひど)くなり、半分か食べられなくて申し訳なかった。残りは包んで持ち帰った。店を出る頃、この日初めて、音を立てて雨が降り始めた。

PM 19:30 東名高速道路・御殿場ICから帰路(きろ)についた。「まぁ、富士山は見られなかったけれど、雨に合わなくて何よりだったよな」なんて話をした。ランダムにリプレイされる音楽がいつ“中央フリーウェイ”を流すのか気にしていたが、帰りは東名だったせい…何て事はなかったが、終(つい)に流れる事はなかった。

PM 21:00 大森着。ゴンゾーさんに礼を告げて、BMWが角を曲がるのを見送った。帰宅すると母がひとりで晩御飯を食べていたので、持ち帰ったトンカツを温め直して、気の置けない先輩と過ごした楽しい一日の報告をしながら、一緒に食べた。

おわり

« 怖がり倶楽部Ⅱ 【東尋坊】 | Main | ドラクエの田んぼアート »

旅行・地域」カテゴリの記事

Comments

ちんちゃんへ
たぶんアングルが違ったから。でも正真正銘、西湖よ。もちろん、近くに樹海がありました。
『花魁淵』は怖くなさそうです(ΦωΦ)余裕

裸族へ
あぁ、そんな間近に(ノ∀`) アチャー
ま、まぁ、見つけられたところで、先日の『ドリャーおじさんの店』じゃないけど、入らないでスルーしただけと思うけど。やっぱ、皆でないとなー

この写真って西湖なの?こんなだったっけか?
ほったらかし行ったんだね!懐かしい!駐車場が空き地だったと記憶してます。
下田も行ったんかい!はじめのカウンター席に座ってオヤジと戦って欲しかっ
たけど、それはやはり裸族の役だね。いつか実現しよう。
今日、用事があって三菱自動車に行ったんだけど、裸族ランダーがたくさん並
んでいて!非常に感慨深かった。
それから、スポットは閉じ込められ系はNGでお願い致します。

そっかぁ~下田は怖がり倶楽部で4回程訪問したけど車で熱海経由の東伊豆や半島ど真ん中を突っ切る伊豆縦断道路や加山雄三記念館経由の西伊豆回りで訪問しているから駅に立ち寄った事は
殆ど無かった筈だから無理も無かったね。
ショックを受けるかもしれないけど駅から半径2~300M以内の筈です。
外見がボロなので見つけるのが難しいです。 俺も初めて訪問した時、店の名前は知っていましたが
偶然見つけた感じでした。

裸族へ
近々UPするけど、実は先週の木曜日、列車で下田へ行ってきたよ。『とんかつ一』の外観だけでも写メして送ろうと思ったけど、これが、場所が分らなかった…( ̄◆ ̄;)マジで

山梨県から富士五湖ツアーってこの道程だと結構走ってるよ。
怖がり倶楽部みたいなもんだよ。
この人なら多分運転が好きだと思うから、今度は是非伊豆下田迄行って『とんかつ一』を堪能して欲しい。

Post a comment

(Not displayed with comment.)

TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/44234/64123052

Listed below are links to weblogs that reference ゴンゾーさんとのプチトリップ:

« 怖がり倶楽部Ⅱ 【東尋坊】 | Main | ドラクエの田んぼアート »